二便の排泄

 大小便は早く排泄するがよい。

我慢するのは害になる。

思いがけず忙しいことができたならば、二便を排泄する暇もなかろう。

 小便を長くこらえると、たちまち小便がふさがって排尿しにくい病気になることがある。

これを尿閉症という。

また頻尿になる。

 大便を何度も我慢していると痔になる。

また大便はつとめていきまないがよい。

気がのぼって目が悪くなり、動悸がする。

これはいけないことである。

自然にまかせるがよい。

そうしたとき、唾液が生じ、身体をうるおし、胃腸の気を循環させる薬を飲むのがよい。

麻の実、胡麻、あんずの種子、桃の種子などを食べるのもよい。

 便秘する食べ物は、餅、柿、芥子などであるから、便秘がちな人は食べてはいけない。



受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101