競輪選手の腰痛

 競輪選手は体が柔軟なのに、なぜ多くが腰痛に悩まされるのか。

京都大医学研究科の理学療法学講座のグループが向日町競輪場(向日市)に所属する選手を調査し、太ももの前側の筋肉が酷使されて硬くなり、骨盤が前傾しているのが原因であることを突き止めた。

ハイヒールを履く女性でも同じメカニズムで腰痛になるとみており、症状を改善させる方法についても指導している。

 

 向日町競輪場の選手約40人のうち75%に腰痛の症状がみられる。

レースや激しい練習の後に、激痛で歩けなくなることも珍しくないという。

しかし、原因はよく分かっていなかった。

 

 青山朋樹准教授や長谷川聡助教、大学院生の田代雄斗さんらは、選手について全身の筋肉の量や柔軟性、筋力などを調査した。

その結果、腰痛の選手は、太もも前の筋肉である大腿四頭筋の柔軟性が低下していることが判明。

青山准教授によると、この筋肉が硬くなると骨盤が前傾して体が前かがみになる。

まっすぐ立った姿勢を保つためには腰を反らす必要があり、腰の筋肉の緊張状態が続いて腰痛になるという。

 

 大腿四頭筋は、自転車を激しくこぐ動作のほか、ハイヒールを履くことなどでも硬くなる。

高周波温熱治療器やストレッチで筋肉をほぐすと症状が改善する。

 京大のグループは、調査を基に選手のコンディションづくりも手伝っており、向日町競輪場の選手でつくる日本競輪選手会京都支部の窓場加乃敏支部長(47)は「京都の選手の成績アップにつながっている。とても心強い」と喜ぶ。

 青山准教授は「今後、磁気共鳴画像装置(MRI)なども使って、さらに詳しく調べたい」と話している。


※ハイヒールを履いた後は、踵をお尻につけるように足を曲げ、太ももの前をストレッチすると効果があるかもしれません。


受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101