人と犬が見つめて安心ホルモン増加

 犬が飼い主を見つめ、飼い主が応じてなでたりすると、お互いの体内に安心を感じるホルモン「オキシトシン」が増加すると、麻布大(相模原市)などのチームが米科学誌サイエンスに発表した。

人間の赤ちゃんと母親が絆を強める仕組みと同じという。

 

 マウスの母子もオキシトシンで絆を強めることが知られるが、人と犬という異なる種間で確認されたのは初めてという。

 犬と近縁のオオカミでも調べたが、同様の反応はなかった。

チームの永沢美保・自治医大博士研究員(動物行動学)は「犬と人の間の特別な絆は、古くからの家畜化を通して進化したのだろう」と話している。

 

 犬と飼い主30ペアに参加してもらい、実験室内で30分間、交流を観察した。

犬種はラブラドルレトリバーやトイプードルなど十数種だった。

 犬が飼い主を見つめる時間が長かったグループと短かったグループに分け、交流の前後で尿に含まれるオキシトシンの量を比較した。

 犬が飼い主を長時間見つめた8組では、犬と飼い主の双方でオキシトシン濃度が上昇。

特に飼い主では、短いグループは濃度変化がなかったのに対し、長いグループは3・5倍ほどにも上った。

 犬にオキシトシンを鼻から投与する実験も行った。

この場合は雌犬に限り、飼い主を見つめる時間が増加、見つめられた飼い主の尿でオキシトシン濃度が上昇した。

人に飼育されたオオカミ11頭でも同じ実験を行ったが、オオカミは飼い主にじゃれるものの顔は見つめず、ともにオキシトシン濃度に変化はなかった。

 

 ※オキシトシン

 ホルモンの一種。人間では脳の視床下部などで作られ、母乳を分泌させたり、出産時に子宮を収縮させたりする働きがある。男性にもある。

安心やリラックスを生んだり、信頼感の構築に関係したりするとされる。


受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101