虹始見(ニジハジメテアラワル)

 今頃に初めて虹があらわれるわけではないのですが、この時期に初めて見えるような気がするのでしょう。

水滴が大きいほど色が鮮やかになるので、大粒の雨が降った後によく見えるそうです。

赤、橙、黄、緑、青、藍、紫、これが虹の七色です。

国によっては五色とか六色というところもあるそうです。

 もともと虹の色は、赤から紫までの連続した波長のもので、はっきりと色別に区切られているわけではないのです。

 

 杏の花が咲く頃です。

杏には様々な薬効があり、とくに咳止めに効くそうです。

「杏林」といえば、杏の林というほかに医者の美称としても使われます。

中国の三国時代、呉に董奉(とうほう)という名医がいました。

彼は治療代はとらず、治ったものには杏の木を植えさせました。

その結果、数年で立派な杏の林ができたそうです。

この故事から医者のことを「杏林」というようになったのだそうです。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101