エゴマに認知症予防効果

 茂木町特産の「エゴマ」の人気が“沸騰”している。

エゴマに含まれる成分に、認知症の防止、改善の効果が期待できると複数のテレビ番組に取り上げられ、関連商品を販売する道の駅もてぎなどへの問い合わせや、商品の売り上げが急増。

昨年収穫した実を使ったエゴマ油は4月初めにも底を突く見込みで、担当者はうれしい悲鳴を上げる。

全国各地が知恵を絞る「地域創生」が求められる中、注目されそうだ。

 

 2004年、町議らがエゴマ栽培の先進地、福島県船引町(現田村市)を訪れ種子を譲り受けたことをきっかけとして、町内でエゴマ生産が始まった。

 その後、「搾油して特産品にしよう」と06年に結成された農家の茂木エゴマの会は現在、会員約50軒が計6~7ヘクタールの畑で、約4・5トンを生産。

昨年11月から、道の駅内の「もてぎ手づくり工房」を運営する第3セクターが実を買い取り、製品化している。

 茂木エゴマの会などによると、エゴマの成分の一つが血中の悪玉コレステロールを減らす働きがあると、知られていたという。

 加えて昨年末からテレビの情報番組で、その成分などを含む脂肪酸の一種「オメガ3」が認知症に作用する可能性があると放映された。

工房で生産する油や粉、紅茶など8商品の売上額は2月、前年の10倍に急増したという。


 

※長寿の方の習慣も新聞に出ていました。

好き嫌いのない食事、3食とる、住んでいる地域の食材・季節の食材をとる、腹八分目の量、家族で食事をとるなどです。

特別に変わったことはないですね。

納豆、バナナ・・・情報に踊らされているようですが。


受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101