若いと思う人の死亡率低い(海外)

 自分は実年齢より若いと思っている高齢者は、そうでない人に比べて死亡率が低いようだ。

英ロンドン大の研究チームが米医学誌にそんな調査報告を発表した。

 加齢に関する英国の長期研究に参加した52歳以上の男女計約6500人に、2004~05年にかけ「自分では何歳ぐらいだと感じますか」と尋ねた。

実年齢と回答との差によってグループ分けし、13年3月までの追跡期間(平均8年3カ月)中の死亡率を比較した。

 

 対象者の実年齢の平均は65・8歳、自己評価年齢の平均は56・8歳。

自己評価年齢が

(1)実年齢より3歳以上若い

(2)実年齢並み(実年齢マイナス2歳~プラス1歳)

(3)実年齢を1歳より多く上回る―の3群に分けた。

このうち、3歳以上若く感じる人たちの割合が69・6%と最も多かった。

 

 死亡率は、自己評価年齢が若い方から順に

(1)14・3%(2)18・5%(3)24・6%で、

実年齢より年上だと感じる人の死亡率が明らかに高かった。

死因別では、心臓血管系の病気による死亡と関連がみられたが、がん死との関連はなかった。


 実年齢より老いていると感じる背景を探るため、研究チームは体の病気やうつ、喫煙などの生活習慣といったさまざまな項目について影響を分析した。

その結果、病気や不健康な生活習慣などがあると死亡リスクが高まることは分かったが、それらの影響だけでは、死亡率の高さは説明できなかった。

 研究チームは、年齢の自己評価を左右する要因が特定できれば、死亡リスクの改善につながる可能性もあるとみて「さらに背景を分析する必要がある」と指摘している。


※「病は気から」ではありませんが、気持ちは若くもちたいですね。

行動に移す時は慎重にです。

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101