酒の温度

 およそ酒は、夏冬ともに冷酒でも熱すぎてもよくない。

ほどよく温かい酒を飲むのがよい。

熱い酒を飲むと気がのぼり、冷たい酒は痰を集めて胃をそこなう。

丹渓は「酒は冷飲に宜し」という。

しかし、多く飲む人が冷飲するとかならず脾胃を痛める。

少し飲む人でも冷たい酒を飲むと、食気をとどこおらせて消化を悪くする。

 とにかく酒を飲むのは、その温気をもって陽気をたすけ、食物の消化を促進するためである。

冷飲はこの二つの働きがないので利益にならない。

温かい酒は陽をたすけて気の循環をよくするのに最適である。

 

※毎日ビールを飲んでいると便秘になる方もいます。まさしく消化を妨げてます。

冷えを自覚している方、夜トイレに起きる方、昼間でもトイレが近い方は、お酒に限らず冷たいものの飲食はやめてください。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101