魚上氷(ウオコオリヲイズル)

 水がぬるんで割れた氷の間から、魚が飛び跳ねる時期だそうです。

氷が張ったとしても春の氷はパリンと割れそうな「薄氷」。

蝉の羽にたとえて「蝉氷」とも言うそうです。


 かつて一年の始まりは、「冬至」を基準に考えられてきました。

ところが日脚は長くなっても、気温は「冬至」の日からまだまだ下がっていきます。

感覚的にはさらに冬が厳しくなっていくイメージです。

そこで、気温が低くなる「立春」の日に近い新月の日を一年のスタートの日としたそうです。

ひと月の始まりを真っ暗な新月の日にしたのと同じ発想かもしれません。


 春告草は梅、春告鳥は鶯(うぐいす)、春告魚は鰊(にしん)。

春を待ちわびているから色々あるのでしょうか。


受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101