学生の虫歯

 文部科学省は2014年度の学校保健統計調査の結果(速報値)を発表した。

虫歯がある子供の割合は幼稚園から高校まで全ての学校段階で13年度より減少した。

中学生は過去最高だった1979年(94.5%)に比べると半分以下の42.4%になった。


 学校種別では、幼稚園38.5%▽小学校52.5%▽高校53.1%。虫歯の割合は70~80年代がピークで、その後は減少傾向に。

中学1年(12歳)の虫歯の本数は一人平均1本で30年前の約5分の1。

学校歯科医による指導の充実や家庭での歯みがきの習慣づけなどが要因とみられる。


 一方、裸眼視力1.0未満の割合は増加傾向にある。

中高生では半数を超え、高校62.9%、中学校53.0%。

いずれも過去最高に比べると微減だが、文科省は「スマートフォンやゲーム、パソコンなど近くのものを長時間見ることが影響しているのではないか」とみている。


 中耳炎など耳の病気にかかっている子供の割合は小学校で5.7%、中学校で4.0%でいずれも過去最高。

最近は耳あかが詰まっている子供が増えているという。


※79年に比べれば、お菓子(特に甘いもの)の種類はどのぐらい増えたのでしょうか。それなのに虫歯がある人、本数が減っているのは歯磨きが大切だとわかります。歯磨きができないときは、口をすすぐだけでもある程度効果があるそうです。




受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101