女性の身長が2センチ縮むと

 40歳代に比べて身長が2センチ以上縮んだ高齢の女性は、介護が必要になるリスクが2倍高くなる。

こんな調査結果を厚生労働省の研究班がまとめた。

姿勢が悪くなると肺炎などにかかりやすくなるほか、気付かないうちに背骨が折れていることもあるという。

研究班は、身長を定期的に測ることで、要介護のお年寄りを減らせないかと期待する。

 

 放射線影響研究所(広島市)で定期的に健診を受けている女性747人(平均年齢71歳)を調査。

2005~06年の時点で介助や介護が不要だった625人の状態を6年間追跡し、新たに介助や介護が必要になった人と、身長との関係を分析した。

 6年間で、22%にあたる137人が介助や介護が必要になっていた。

05~06年時点の身長が40代のときの平均身長より2センチ以上縮んだ人は、ほかの要因を除いても、そうでない人より2倍リスクが高かった。

男性は調査対象者が少なく、はっきり差は出なかった。

 

 年をとって前かがみの姿勢になると、胸やおなかが圧迫されて肺炎や心臓の病気にもなりやすくなる。背骨が1カ所折れると、別の骨も折れやすくなる。

 

 主任研究者で、広島原爆障害対策協議会健康管理・増進センターの藤原佐枝子所長は

「背骨の骨折は気付きにくく、3分の2は放置されている。年に1度は身長を測り、2センチ以上縮んでいれば骨折してないかを調べ、治療して次の骨折を防ぐべきだ。寝たきりになる時期を遅くできる可能性がある」と話す。


※骨は運動などの負荷をかけないと強くならないそうです。骨折でも折れた骨がくっつき太くなりますがそれだけでは骨折前より弱く、負荷をかけると強くなるそうです。

骨が弱くならないように骨付き魚、牛乳を摂り運動しましょう。


受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101