脾胃の好むもの、嫌うもの

 脾胃(消化器系)の嗜好を十分に知って、好物を食べ嫌いなものを食べてはならない。


脾胃の好物とは、温かいもの、やわらかいもの、よく熟したもの、ねばらないもの、薄味でかるいもの、煮たてのもの、清潔なもの、新鮮なもの、香りのよいもの、性(成分)のよいもの、味のかたよらないもの

これらは脾胃の養分になる。もちろん度をすごさないように食べるがよい。


脾胃の嫌うものは、生もの、冷たいもの、堅いもの、ねばっこいもの、不潔なもの、くさいもの、生煮えのもの、煮すぎて香りをなくしたもの、煮て久しくおいたもの、果実の未熟なもの、古くなって味をなくしたもの、五味の偏ったもの、脂肪が多くてくどいもの

これらはみな脾胃の嫌うものである。これらを食べれば脾胃を悪くする。食べないがよい。


※脾胃は食事を消化し、身体を動かす養分をつくります。季節の食材を偏らずにほどほど食べるのがよいようです。


受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101