換気、加湿、手洗いで予防

 インフルエンザが流行っています。

医療機関を受診する患者数が多くなり、注意報から「警報」に変わりました。

埼玉県は一番患者数が多いそうです。


 以前、予防法として、うがい・手洗い・鼻呼吸を紹介しましたが、今回は「部屋の換気」です。

特養ホームで予防の取り組みがテレビで紹介されていました。

それが、「換気、加湿、手洗い」です。


換気は部屋の換気で、部屋にいる人が寒く感じるぐらいの時間、窓を開けておくです。

試しにやってみたら、2分ぐらいで寒く感じ、大きい部屋だと長めになるでしょう。

窓の位置による空気の流れ、窓を開ける量などにより時間は前後すると思います。

1日に3回換気だったと思います。


加湿は、できたら各部屋に加湿器を置き、湿度50%ぐらいにしましょう。ウィルスは乾燥している環境を好みます。


手洗いは、ドアノブなどの共有部分からの接触感染を予防するため、こまめな手洗いです。歩行が大変な方は、スプレーを利用していました。


「換気・加湿・手洗い」を実践している特養ホームでは、風邪を引いている方はいないと紹介されていました。

もちろん、偏りのない食事、毎日の運動、規則正しい生活も必要です。


足三里、曲池、百会にお灸もよいと思います。


受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101