五味偏勝をさける

 五味偏勝という言葉は、同じ味の物を食べすぎるをいう。

甘いものを続けて多くとると、腹がはって痛む。

辛いものを食べすぎると、気がのぼって少なくなり、瘡(湿疹)ができ眼も悪くなる。

塩辛いものを多くとると血がかわき、のどがかわいて、湯水を多く飲むと湿疹にかかり、脾胃をいためる。

苦いものが多すぎると脾胃の生気をそこねる。

酸っぱいものが多いと気が縮まってしまう。

 五味を備えているものを適当に食べれば、病気にかからない。

いろいろな肉でも野菜でも、同じ物を続けて食べると、それが身体にとどこおって害になる。


※好き嫌いをせずに季節の食材を食べるのがよいです。

五味子という手もある?


受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101