酒は微酔、花は半開

 万事が十分に満たされて、その上に何も付け加えることのできなくなった状態は、心配の始まりと思ってもよい。

古人も「酒はほろよいに飲み、花は半開に見る」のがよいという。

この言葉はもっともである。

酒を十分に飲むと楽しみはやぶられる。

少量を飲んで、ものたらないほどが楽しみもあって心配もない。

花が満開すると、盛りがすぎて花心がなく、まもなく散ってしまう。

花の半開のときが盛りである。

と古人はいう。


※昔から言われている事なんですね、なかなかできないのが人なのかな。


受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101