心は楽しく身は労働

 人は心を楽しませて苦しめないことが最もよい。

が、身体は大いに動かし労働することがよく、休養しすぎてはいけない。

 いずれにしても自分の身体を過保護にしてはいけない。

おいしいものを食べ過ぎ、美酒を飲みすぎ、色を好み、身体をいたわりすぎて、怠けて横になることばかりを好むのは、すべて自分の身体をかわいがりすぎることであって、かえって身体の害になる。

 また病気でもないのに補薬(栄養剤のような補助薬)を多用するのはかえって病になりやすい。

いずれも身をいたわりすぎたからである。

まことに子供をかわいがりすぎて、かえって子供の不幸を招くようなものである。

 

※テレビを見ていると、地方の元気なお年寄りは、身体を動かす趣味を持っているか、畑仕事をしているようです。息が上がるような運動ではなく、程々に身体を動かすことがよいみたいですね。

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101