気血の流通は健康のもと

 陰陽の気は天にあって、おのずから流動して停滞しないから、春・夏・秋・冬の年間の四季がうまく行われ、万物がよく生成する。

もし陰陽の気がかたよって停滞するようなことがあると、流動の道がふさがって、冬は暖かく夏は寒くなり、大風・大雨などの天変となって凶害が起こる。

 ひとの身体においてもまたそうである。

気血がよく流通してとどこおりがないと、気がつよくなって病気にならない。

気血がよく流れないと病気になる。

その気が上に停滞すると頭痛や眩暈(めまい)となり、中にとどこおると心臓病や腹痛となり、また腹がつかえて張り、下にとどこおると腰痛や脚気となり、さらに痔瘻(じろう)などの病となる。

ゆえに、しっかりと養生をしようとする人は、できるだけ元気が停滞しないようにすることであろう。

 

※天気は、気温、雲、風などを解析するとある程度わかります。

人の身体は症状が出るまでわかりませんが、積極的に予防すると症状は出ないと言い切れませんが、出にくいはずです。

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101