七情を慎む

 養生の道の根本は、内欲をおさえることである。

この根本をしっかり務めれば元気が強くなって外邪におかされることもない。

内欲を慎まないで元気が弱いと外邪におかされやすくなって、大病にかかり天命をたもつことができない。

 

 飲食を適度にして過食をせず、脾臓と胃(消化器)を傷つけて病を誘発するものを食べないこと。

また色欲を慎み、精力をたくわえ、正しい睡眠をとり、長時間眠ることや座ることをさけて、ほどよく運動をして気の転換をはかることなどによるのである。

 

 ことに食後はかならず数百歩の散歩がよい。

食後に安坐したり、昼寝をしたり、食べたものがまだ消化していないのに早く眠ってしまう習慣をつけると、身体に滞りが生じて病気となり、繰り返しているうちに衰弱する。

 

 日頃から元気を消耗することをなるべくさけ、多弁をせず、※七情をほどよく調えるのがよい。

七情の中でも、とくに怒り、悲しみ、憂い、思いを少なくすることを心がけることが大切であろう。

欲をおさえ、心を平静にし、気をやわらげ、物事に動ぜずして騒がず、心はたえず平和で安泰でなければならない。

 

 これがすなわち、内欲をこらえて元気を養う道である。またこうした心がけが、風・寒・暑・湿の外邪に勝つ力となる。

 

※七情・・・怒・喜・思・憂・悲・恐・驚

 

韓国の王朝が出てくる歴史ドラマで、事件が起きると王様が、たいへん悲しんだり、おおいに怒ったりしますが、そんなとき家臣が「王様、心を平静にしてください」という場面が出てきます。感情の起伏をなくし、規則正しい生活を心がけるのがよいようです。

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101