夏越の祓

 夏越の祓は六月の晦日に諸所の神社で行われる。

江戸では真崎稲荷社が有名であった。

この日、「茅の輪」という茅で大きい輪を作り社前に置き、その中を潜り抜けることにより、疫病を免れるものと信じられた(胎内潜りとも言うようです)。

また、形代という紙を切ってそれで自分の身体を撫で、これを川原へ持ってゆき、祓をして流す等の行事もあった。

氷川神社でも「大祓式」が行われます。

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101