季節と色

 今年は5月5日が「立夏」でした。

陽射しも強くなり、いよいよ夏でしょうか。

 

 二十四節気における夏とは、「立夏(5月5日)」から「立秋(8月7日)」の前日まで。

天文学的には、夏至(6月21日)から秋分(9月23日)の前日まで。

冬が長く、春はあっという間に過ぎ、初夏になったようです。

 

 中国では、夏は火の神「炎帝(赤帝)」がつかさどるとされていました。

その「炎帝」が登場したということでしょうか。

ちなみに春は木の神の「青帝」、秋は金の神の「白帝」、冬は水の神の「玄帝」です。

 

 東京国立博物館で「キトラ古墳壁画」の特別展が開催されています。

古代中国で四方を守護するとされた四神のうち、朱雀、白虎、玄武が見られます(青龍は修復中で展示されていません)。こちらは18日まで。

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101