つぼの紹介 105

 つぼは、股関節の「環跳(かんちょう)」です。

側臥して股関節を深く屈し、股関節横紋の外端、大転子の前上方陥凹部に取る。

これを按圧すれば外股部から足先に向かって響き痛む。

 

 この経穴は環のように丸い形をしている骨盤の中にあり、下肢を屈伸して飛び跳ねるときにはこの骨に頼っている。

この経穴に鍼を打つと筋骨風痺の症状を治し、再び跳躍できるようになるので環跳と呼ばれる。

足の少陽胆経と足の太陽膀胱経の交会穴である。

腰腿痛、下肢のしびれや痛み、半身不随などを主治とする。

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101