つぼの紹介 99

 つぼは、足の「飛陽(ひよう)」です。

崑崙穴の上7寸、腓腹筋下垂部の外縁、腓腹筋とヒラメ筋との間に取る。

崑崙は、外果の最も尖ったところの高さで、外果とアキレス腱の間、陥凹部に取る。

 

 外果の上7寸でアキレス腱外縁を押し上げていくと、腓腹筋の外側頭のふくらみに突き当たる所に取る。

 

 「飛」も「陽」も高く飛び上がるの意がある。

また「飛」には意外なという意もあり、絡穴でもあるため足の太陽膀胱経の経気はこの経穴から、足の少陰腎経に突然流れを速めて行くことから、飛陽と付けられた。

頭痛、目眩、鼻塞、鼻血、腰背部の痛み、痔疾、下肢筋の無力などを主治とする。

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101