冷え対策・食

 冷え症の方に、冷たい食べ物や飲み物は厳禁。

体を冷やすのはもちろん、内臓への刺激となり悪影響です。

氷の入っているような飲み物はできるだけ避け、常温の水か白湯を飲むようにしましょう。

 また、温かい飲み物は体を芯から温めます。

できれば毎食ごと、最低でも一日一回は温かい汁物をいただくことが健康への秘訣です。

 

 食べ物には体を温める食べ物と冷やす食べ物があります。
食卓に出される時の温度に注意するだけではなく、その食材が体を温める食べ物か冷やす食べ物かも把握してください。

 

体を温める食材
 小豆、黒豆、かつお、あなご、海老、かぼちゃ、にんじん、玉ねぎ、ねぎ、ピーマン、オレンジ、くるみ、ごま、生姜、胡椒、七味唐辛子、わさび、味噌、醤油

 

体を冷やす食材
小麦、あさり、はも、キュウリ、こんにゃく、トマト、なす、レタス、スイカ、メロン、キウイ、白砂糖、合成酢

 

 唐辛子は、冷えにおすすめの食材のひとつ。

カプサイシン効果で血液の流れを良くし体を温めるからです。

味噌汁に加えると、食べた30分後も体温の上昇が続きます(ただし、唐辛子をとりすぎると、汗がたくさん出てしまい、かえって体を冷やしてしまいますのでご注意!)。
 また、レバーやほうれん草、海苔もおすすめ。

体温低下を防ぐ働きのある鉄分が豊富に含まれていますので、積極的に食べましょう。

お茶は鉄分の吸収を妨げる働きがありますので、食事の際は氷を入れない水や白湯を飲むとよいでしょう。

体を温める食材を上手に利用して、体をポカポカあたためて寝付きやすい体をめざしましょう。

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101