餅の窒息に注意!

 正月を迎えるのを前に消費者庁は、飲み込む力が弱い高齢者が餅を喉に詰まらせないように「餅を小さく切り、のみ込む前によくかんで」と注意を呼び掛けた。

 厚生労働省の人口動態統計によると、不慮の窒息による死亡者数は、月別では1月が目立って多い。

消費者庁が東京消防庁と大阪市消防局のデータを分析した結果、2008~12年に計709人が餅や団子による窒息事故で救急搬送され、うち9割が65歳以上だった。

 高齢者は食べ物をのみ込みづらくなるため、食事前にお茶で喉を潤しておくことなども事故防止に有効という。

 消費者庁は、全国餅工業協同組合に、事故防止の注意事項を包装の目立つ場所に表示するよう要請した。

 

いざというときの対処法も出ていますので、こちらもご覧ください。

 

今は切り分けられて1枚ずつパックされていますが、昔は伸し餅を買ってきて年末に切っていました。

近所の農家で作ってもらった伸し餅は、新聞紙を広げたぐらいの大きさでした。

買ってきたばかりだと、軟らかいので切るときに包丁にくっつきます。

数日置いて、少し硬くなってから切り分けました。

面倒くさいですが、好みの大きさに切ることができます。

今はお米屋さん、個人スーパーで事前に予約を受け付けて販売しているようです。

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101