世界糖尿病デー、埼玉県民の日

世界糖尿病デー
 現在、糖尿病を世界の成人人口の約5~6%が抱えており、2025年には3億8, 000万人(2007年より64.7%増)に達すると予想されています。

 特にアジア、中東、アフリカ、南アメリカでは2倍になると試算されており、我が国でも40歳以上の3人に1 人が糖尿病または糖尿病予備群であることが、平成18年国民健康・栄養調査速報で発表されました。

また、A I D Sと同数程度の死者をも出しており、糖尿病が進行することで発病する合併症などによる間接的死亡率を合算すると更に多くなります。

 このような状況を踏まえ、国際連合(国連)は、IDF(国際糖尿病連合:現在約150カ国が加盟)が要請してきた「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を2006年12月20日に国連総会議で採択しました。同時に11月14日を「世界糖尿病デー」に指定し、世界各地で糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発運動を推進することを呼びかけました。

 

詳しくはこちらもご覧ください。

鍼灸でも背中のつぼ、膈兪・肝兪・脾兪に治療すると消化器の症状に効果があります。

 

 

今日は『埼玉県民の日』でもあります。

 明治4年に廃藩置県が行われ、「県」の統廃合があり、11月14日(旧暦)に「埼玉県」が誕生しました。

生まれたばかりの埼玉県は今と違って、荒川より東の地域でした。

荒川の西が入間県で、明治6年に群馬県と合併して熊谷県に。

そして、明治9年、埼玉県と旧入間県が合併して、今の埼玉県とほぼ同じ形になったのです。

当時の資料によると、人口は896,107人でした。

 昭和46年、それからちょうど100年目に当たるのを記念して、11月14日を「県民の日」としました。

県内では、毎年この日を中心にいろいろなイベントが開催されます。

 

子供たち、入場無料などの施設もあり、どう過ごしているのでしょう。

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101