野球の話ですが

 ヤクルトのバレンティン選手が、本塁打のシーズン記録を更新しそうです。

現在116試合が終わり52本、2試合に一本ぐらい打っています。

残り試合は28、今までのペースなら少なくとも10本プラスして、62本。

王、ローズ、カブレラが55本を打っていますが、新記録が達成されるはずです。

 

 相手チームが勝負をしたらですが。

敬遠ではなく、捕手が座ったまま勝負をしているように四球を出す、これが増えてきています。

松井選手とペタジーニ選手が本塁打王争いをしていた頃です。

上原投手がヤクルト戦で登板しました。

打者にペタジーニ選手を迎えたとき、ベンチの敬遠の指示を嫌い、マウンドの土を蹴っていました。

上原投手なら打たれない自信もあったでしょうし、純粋に勝負をしたいということもあったでしょう。

そんなこともあったので、MLBに行ったのかも知れません。

 

 王さんがアーロンの本塁打記録を更新した756号はヤクルトのジャンボ鈴木投手から打っています。

新しい記録ができれば、かかわった選手はイヤでも名前が残ります。

ある面では不名誉ですが、勝負をしないで名前が残るよりは良いのではないでしょうか。

 

 MLBではこんな話もあります。

松坂投手がMLBで活躍した頃、日本人記者がMLBのある打者に取材を申し込みました。

「松坂のことなら話すことは無い」と断られたそうです。

野茂投手の事を聞きたい旨を話したところ「いくらでも聞いてくれ」とのこと。

こんな選手が沢山いるのがMLBのようです。

スポーツニュースで見るぐらいですが、今の上原投手楽しそうですよね。

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101