人間ドッグの結果から

 日本人間ドック学会は、2012年に人間ドックを受診した全国の約316万人のうち全項目で異常がなかった人の割合が7.2%で、過去最低だったと発表した。11年から0.6ポイントの減少。
 

 集計を始めた1984年の29.8%から年々減っている。

学会の笹森斉理事は「精度の高い検査法が開発されたことや、異常なしとする基準が厳しくなったこと、経済状況の悪化でストレスが増し生活習慣が乱れたことなどが理由と考えられる」とした。

他に高齢化や、食事の欧米化なども原因に挙げた。

 

 地域別では、異常がない人の割合が多い順に北海道の12.7%、中国・四国の9.5%、関東・甲信越の7.5%、東海・北陸の7.2%、東北の6.4%、九州・沖縄の5.9%、近畿の4.7%。

 異常ありとされた項目は肝機能異常(32.4%)、高コレステロール(31.5%)、肥満(29.3%)が多かった。

 

 人間ドックで見つかったがんは、男性では胃がんが最も多く、大腸がん、前立腺がんと続き、女性では乳がん、胃がん、大腸がんの順だった。

 

 

生活習慣を見直すことも大切です。

規則正しい生活、好き嫌いをせず季節の食材を取る食事、洋食でなく和食、毎日歩く(5分でも、できるときは30分)などでしょうか。

できることから、できるときに始めませんか。

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101