夏といえば

太陽に向かって咲く「ひまわり」ですね。

 

 北アメリカ中西部原産で、新大陸発見後にヨーロッパに導入され、18世紀にロシアに入って、大型のロシアヒマワリが育成された。

 

 花には中心が黒褐色のものと、緑色のものがあり、黒褐色のものは主に観賞用。

緑色のものは採油用で、種子は長さ2cmほどあって大きく、種皮が黒色のものから良質の油が取れる。

 ヒマワリ油にはリノール酸、ビタミンEが含まれる。

 

 縞模様のある種子は食用となり、炒って殻を除いて、中の種子を食べると便秘に効くそうです。

メジャーリーガーには便秘の人はいないようです。

 

 夏休みの日記にひまわりや朝顔は活用されているのでしょうか。

最近、あさがお用の鉢セットがあるようです。

プラスチックの鉢に支柱を立てる受けがあり、プラモデルのようです。

教材メーカーからみるとアイデアをいれた商品ですが、やりすぎのような気がします。

どこまでの線引きも難しいかもしれませんが。

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101