汗をかいたら自家製飲料で水分補給

 汗をかくと、体からは水分だけでなく、塩の成分となるナトリウムなどミネラルも失われる。

その際に真水だけ飲むと、これらの濃度が低下し、吐き気や筋肉のこむらがえりなどが起きることがある。

 

 水分とともに塩分や糖分を補給するにはスポーツドリンクが有効だが、毎回購入すると費用もばかにならない。

神奈川県立保健福祉大(同県横須賀市)教授の谷口さんは「似た成分で、さらに水分補給に優れた飲みものを自分で作ることもできます」と自家製の経口補水液作りを勧める。

 

 作り方は、1000ミリ・リットルの水に、3グラム(小さじ2分の1杯)の食塩と、40グラム(大さじ4と2分の1杯)の砂糖を加える。

粒子がなくなるまでよくかき混ぜる。

 

 水は水道水でよい。

ただ、塩素を除くため、1度沸騰させ、常温になるまで冷ます。

その後、レモンやグレープフルーツの果汁を一搾り垂らす。

味がよくなるだけでなく、筋肉の動きを助けるカリウムもとれるからだ。

飲むときは冷蔵庫で冷やす。

体温を下げられるほか、水を吸収する小腸に素早く届かせるためという。

 

 但し、経口補水液を水代わりに毎日、習慣的に飲むのはかえって体に悪い

塩分や糖分のとりすぎは、高血圧など生活習慣病につながるためだ。

夏場に暑さで食欲が落ちた時のほか、ジョギングや散歩などたくさん汗をかいた時だけでよい

 

 谷口さんは「一度に大量にとっても尿で排出されてしまう。

コップ1杯(200ミリ・リットル)程度に分けて飲んでほしい」と話している。

 

他の作りかた(何種類かあるとあきないですね)

・大きめの果肉のやわらかい梅干1つを水500ccに入れ、果肉をつぶし水と混ぜたものを飲む

・水500cc、はちみつ大さじ1、塩2つまみ、好みに応じてレモン汁、これをよく混ぜて飲む

 

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101