梅雨

 二十四節気の夏至も過ぎましたが、日が長い時期なのに太陽を見ることができません。

今年の梅雨入り後は、空梅雨のようでしたが、最近は曇り空が多いですね。

昔は「五月雨(さみだれ)」と言っていた梅雨。

「さ」は「五月(さつき)」の「さ」、「みだれ」は雨をあらわす「水垂(みだれ)」。

中国でも梅の実が熟す頃に降る長雨なので、「梅雨(ばいう)」というそうです。

もうひとつ、黴(かび)が生えやすい時期ということで、「黴雨(ばいう)」と書いていたようです。

 

 七十二候では「乃東枯(なつかれくさかるる)」、「乃東(だいとう)」は「夏枯草」、「夏枯草(なつかれくさ、かこそう)」は「靫草(うつぼくさ)」のことだそうです。

昔、武士が矢を入れるのに使った道具を「靫(うつぼ)」と呼び、その形に花穂が似ているので「靫草」と呼ばれるようになったそうです。

 6月頃になると、その花穂に紫色の花が咲いていきます。

その後枯れて茶色くなった花穂が、漢方薬に用いられるそうです。

煎じて飲むと利尿や血圧を下げる効果があるとか。

他の草花が青々と葉を茂らせる中で、枯れた靫草は大変目立ちます。

 

紫陽花にしようと思ったのですが、七十二候から靫草になりました。

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101