二日灸

江戸時代の風習として行われていたそうです。

 二月二日(および八月二日)に灸をすえると、効験が著しいと信じられていた。医法の一つで、人体のツボにあたるところに艾を丸めておいて、火をつけてすえる。

 

『年浪草』に

 「和俗二月、八月共に二日を以て点灸す。是を二日灸と称す。是亦天灸の微意か」とある。

大人は大きな灸を背中に二つすえるが、子供はいたずらのこらしめと健康のために、つかまえられてすえられた。

  母も手を焼くわんぱくの二日灸

  可愛さがあまり泣かせる二日灸

  二日灸味方と思う乳母も敵

 

寒い、暑い時期に身体の働きを活性化させるお灸のようです。

中国では、冬至の頃に同じような治療を行っています。

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中、診療中は電話に

出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101