はり、針、鍼

 とても細い金属(主にステンレス)製の鍼(長さ30mm~80mm、太さ0.12mm~0.30mm)を使用します。

糖尿病の方がインスリン注射をするのに開発された「痛くない注射針」の太さ0.2mmと同じくらいです。

 刺入方法は、金属又はプラスチック製の鍼より少し短い筒を用いて刺入します。

 刺した鍼は一定の刺激(鍼を上下・回旋・振動させたりします)を加えすぐ抜く方法と、刺したまま10~15分間置いておく場合があります。

 他に、刺入せずに皮膚に接触させたり、押圧させたりする方法もあり、接触鍼、小児鍼として用いられています。


※下記写真「刺す鍼」は上から、金鍼、銀鍼、ステンレス鍼(いずれも長さ40mm、太さ0.18mm)、一番下のシャープペンの芯は0.5mmです。

鍼の太さは0.3mmより太い鍼もあります。長さは10mm程度からあります。

 

刺す鍼
刺す鍼

※下記写真「刺さない鍼」は鍉鍼です。

刺さない鍼
刺さない鍼

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101