きゅう、灸

 よもぎの葉から作られた「もぐさ」を用いて熱刺激を加える方法です。もぐさを直接皮膚にのせて着火させる直接灸ともぐさと皮膚の間をあけて行う間接灸に大別されます。

 直接灸のもぐさの大きさは米粒大から小指大のものまであります。米粒大の施灸は燃え方を調節しながら、燃焼します。小指大のときは燃焼途中でもぐさを取ります。

 間接灸は、塩・生姜などを皮膚ともぐさの間に入れて穏やかな熱さにしています。

刺した鍼に丸めたもぐさを付ける灸頭鍼もあります(もぐさは皮膚から離れています)。


※写真は左から、上もぐさ、半米粒大、小指大、粗もぐさです。


 昔は、治療院で症状を話し、お灸をすえる位置に印をつけてもらいました。この印をつけることを「灸点をおろす」と言います。その印の場所に自分または家族がお灸をします。症状があるときだけでなく、予防目的でもお灸していました。

お灸用のもぐさ
お灸用のもぐさ
台座灸は自宅でも簡単にできます
台座灸は自宅でも簡単にできます

 間接灸のなかで、もぐさと皮膚の間に生姜や塩を介在させる方法は隔物灸
とも呼ばれます。生姜、塩、ニンニク、味噌などを使います。間接的に熱が伝わるので、穏やかな温かさです。

 夏の暑い季節は、冷たい飲食物を取る機会が増えるので、胃腸を冷やしやすいです。
 そんな胃腸の冷えや、加齢による冷え、下痢のとき、婦人科の症状があるときの腹部の冷えなどは、温めるお灸をおすすめします。


自作の容器に塩を入れてあり、簡単に施灸できます

塩灸
塩灸

受付時間 《予約制》

 日・水・木 :

 午前9時~午後7時


 月・金・土 :

  午前9時~午後4時

 

※お問合せの電話も時間内にお願いします 

 

火曜・第4日曜休診

臨時休診あり

 

問合せ・予約:

 090-8961-9056

(往診中は電話に出られないことがあります)

 

さいたま市北区東大成町

1-65-1-101